次男(2歳)が一生懸命に電車らしきものを作っています。
ピタゴラスで遊ぶ次男2
ピタゴラスやマグフォーマーってどんな知育玩具なの?
双方の共通点について書きました。

この記事ではピタゴラスプレートのメリットとデメリットについて詳しく書いていきます。
どちらにしようか悩んでいる方のご参考になりますように♪

他の方の感想はこちら
amazonでピタゴラスのレビューを見る
楽天市場でピタゴラスの感想を見る

ピタゴラスのみの特徴

・磁力が弱い
マグフォーマーと比べて最大の弱点であり利点でもあります。
弱いことによって、低年齢からでもそう力が必要なく遊べるからです。
ただ…弱すぎてちょっと不安定な立体を作ると崩れてしまうことが
それを工夫して遊ぶことも勉強になるのかもしれません(笑)
マグフォーマーの動画のように、持ち上げて立体を作るなんてことは無理です

・重いため潰れてしまうことがある
磁力が弱いこともありますが、マグフォーマーのように軽くないため
形によっては自重で潰れてしまいます。
不安定な形(球形など)を作るのはまず無理だと思っていて下さい。

・他のおもちゃとコラボしやすい
ちゃんと面になっているので、立方体を作ると部屋として人形とコラボしたり
トンネルを作ってプラレールとコラボして遊んでいます。
ポケモンの指人形とピタゴラスのコラボ
工夫次第ではマグフォーマーでも出来るんでしょうが、中が見えない形には
出来ないのでピタゴラスの強みですね。
どんぐりを入れて遊んだりもしています(どんぐり虫発生を抑えるには参照)

・三角の種類が豊富
直角三角形、正三角形、二等辺三角形といろいろな三角形があります。
直角三角形二枚で正方形のパーツ替わりにするなどの工夫もでき、
遊び方に幅が広がります。
三角錐や三角柱などもそれぞれ違ったものが作れて将来、図形の
理解に一役買うこともあるかも。

・追加パーツがない
大きい作品のためにはどうしても欲しくなる追加パーツ。
それがピタゴラスには残念ながらありません…
もう一セット購入するしかないのです。
ただ、中古でよければそこそこ出品があるので、追加で購入する場合は
Yahooオークションでピタゴラスを探す のも手です。

※2013年秋に【ピタゴラス算数】という品が発売されました。


こちらは追加パーツというわけではありませんが、ピタゴラスの約半数のパーツ数で
構成されております。
ちょっと足したい場合にはいいかもしれませんネ(*^_^*)

他の方の感想はこちら
amazonでピタゴラスのレビューを見る
楽天市場でピタゴラスの感想を見る

 

以下の記事もご参考にどうぞ♪

ピタゴラスとマグフォーマーの比較その2 マグフォーマーのメリットとデメリット

結局、ピタゴラスプレートとマグフォーマーどちらがオススメなの?

ピタゴラス商品詳細


ピタゴラス プレート (リニューアル)

対象年齢 1歳半~
参考価格: ¥ 12,600(値引きされて8,200円ぐらいです)

pitagorassetnaiyou.jpg セット内容(全64パーツ)
大きい四角…5枚
小さい四角…14枚
正三角形…14枚
直角三角形…14枚
二等辺三角形…10枚
その他…7枚
作品例
ピタゴラス プレート (リニューアル) ピタゴラス プレート (リニューアル) ピタゴラス プレート (リニューアル) ピタゴラス プレート (リニューアル) ピタゴラス プレート (リニューアル)

amazonでピタゴラスプレートを探す
(送料無料で一番安いです。ラッピングは+300円必要)
楽天市場でピタゴラスプレートを探す
(ポイントが付きます。お店によっては送料無料やラッピングなどの
サービスもあります。多くの感想が書かれているので参考になりますよ♪)