漢字の勉強方法 どうやって覚えるか


長男が二年生になって漢字テストの点が下がって来ました。 一年生の時は100点が当たり前だったんですが、最近は80点ぐらい…一年生の時は80字しかないので、授業中教えてもらうだけで簡単に覚えられたんですね。 本人はそう気にしてはいないのですが(笑)、これではいかん!と去年の12月から勉強に漢字を取り入れ始めました。 画数も格段に増えるので、二年生ぐらいからすでに漢字に苦手意識を持つ子も増えるようです。   では、どんな漢字練習が効果的なのでしょうか? 同じ字を何度も何度も何度も繰り返して書く漢字練習は無駄だと思います… 自分が同じ字を20回書け!と言われたら嫌だと思いませんか それに、覚えようと思って書かない限り作業になってしまってしまうので何度書こうが覚えられません。   そこで、我が家の漢字練習はというと、まずは を使って

 なりたち、書き順(となえかた)、意味、文例、熟語

をしっかりと私が説明します。熟語は習っていない言葉がいっぱいあるので、軽く説明もします。次に を使用して、

3回書きます(書き順を唱えながら)

(理想は一回なのですが、字のバランスを取るのが下手なのでなぞり書きを3回しています) テキスト自体にはもっと書く欄があるのですが、やっていません    それから右ページにある例文の空欄を埋めます(問題は3問)。 で、最後に

前日練習した漢字のテスト

イメージ力のアップも兼ねて、書き順(となえかた)を私が言います。 すると、長男が書き、読み方や意味を説明する、という形です。 復習をすることは、記憶の定着にとても重要です。   この2冊、使いやすいのはまず値段が安いということ そして勿論、下村式となえておぼえる書き順は、覚えやすくて楽しい 本とドリルは連動しています。殆ど重複していますが、本の方が詳しくて、 意味や熟語が載っているので、どちらか一冊でいいや、という人は本の方をおススメします。 あと学習する順番が、種類別(人、植物など)であること、似た漢字はまとめて並べてあることもはずせません。一緒になりたちを覚えることで、違いを区別するのに役立ちます   現在はもう学校で習っているから復習なので、一日4文字ずつ勉強中。 2年生の漢字が終了したら、3年生の漢字を一日2文字で覚えていくつもりです。そうすれば、4年生になるころには小学校で習う漢字1006文字が終了しちゃいます…してるはず …もっと早く取り組んでおけば一日一文字でよかったんですが、2年生の内にしっかりと漢字の勉強体制を築けたのでまぁよかったです



あわせてお読みください



スポンサードリンク

リンク (管理人の別サイト)