おススメの児童書ランキングベスト5(シリーズ物・小学低学年編)


ちしゃの実@管理人がおススメする児童書ベスト5shine

シリーズ物に絞っています。
理由は、一度キャラクターを覚えると物語に入りやすいので。
次から次へいろいろな本を読むより設定を知っていると楽なのでとっつき易いと思います。

順位を含め、ちしゃの実@管理人の独断と偏見で選ばれています(^_^;)
一応長男が好きだったモノ、書店での売れ筋なども参考にはしていますが、
基本私が読んで面白い!これはおススメだ!!というものたちです。

低学年向け、更にあまり本を読むのが好きではない子向けにということで

・絵の割合が多い
・字が大きい
・そして面白い   ものを選びました。

 

 

第5位 …ボノロンシリーズ

第4位…ぽっぺん先生のどうぶつ日記シリーズ

第3位 …マジックツリーハウスシリーズ

第2位 …ミルキー杉山の名探偵シリーズ

第1位 …かいけつゾロリシリーズ

 

各シリーズについて詳しくは、記事の続きにて。

 

第5位 ボノロンシリーズ

以前記事紹介したセブンイレブンの無料配布本、ボノロンです。書籍にもなっています。

毎回感動しているので、二か月に一度の発行が待ち遠しいです。

表紙にもあるオレンジ色の巨人がボノロン。巨木に涙が落ちると現れ、涙を流したモノの願いを叶えてくれます。

この本のいいところは無料配布本であることsmile ただ、結構人気があるらしくすぐ無くなってしまいますが。

どういう話か知りたい方は、ボノロン公式サイトで音読がされていますよhappy01

第4位 ぽっぺん先生のどうぶつ日記シリーズ

→amazonで検索
→楽天で検索

こちらの本は、残念ながら古いので新刊で手に入れることはまず無理そうです…。

中古本か図書館で手にしてみて下さいsweat01

ぽっぺん先生シリーズの低年齢層向けの本になります。
ぽっぺん先生シリーズもすごくいいのでおススメしたいのですが、字数が多くて分厚いので …。
このどうぶつ日記が気に入ったら読むようにしたらいいと思います。

環境問題や進化の歴史などにも触れていて勉強になりますgood

同著のもりはおもしろランドシリーズポッケはべんりやくんシリーズもおススメです。
これらのシリーズは、どうぶつ日記より絵が多く(カラー)字が少なく絵本に近いですね。

第3位 マジックツリーハウスシリーズ

映画化もされ、人気が更に上昇したマジックツリーハウスシリーズ。

ジャック(8歳)とアニー(7歳)の兄妹が、本の世界を冒険するお話です。
一冊につき2話(2冊の本の中を)冒険しています。

恐竜の時代に行ったり、中世の鎧の時代に行ったり、忍者がいたり、アマゾンを冒険したり。
ホント様々なところに行くので、次の話はどこに行くのか楽しみですnote

世界33ヶ国で翻訳出版されていて、日本語版は32冊(2012年6月現在)出ている大ベストセラー。

 

それにしても本の世界に入ることは本読みの夢ですよね~shine

第2位 ミルキー杉山の名探偵シリーズ

推理物です。一冊に複数の事件が入っています。

それぞれ「事件編」と「解決編」に分かれていて、すぐ解決編へ進まずに推理するよう
きちんとページ構成されています。

初めての推理物にはピッタリflair

探偵のミルキー杉山の人生もなかなか味わい深いモノがあります(笑)

長男(小3)が大好きで学校で何度も借りてきています。

第1位 かいけつゾロリシリーズ

読みやすさと子どもにウケる点ではこの本はピカイチsmile
絵も多く、細かいところまで笑わせてくれます。

シリーズも50冊(2012年6月現在)と超ヒットロングセラー。

初版には豪華おまけがついてくるので、新刊をつい買わずにはいられない商売上手さ(笑)
DVDやペンケース、3Dシールなどなど…この50巻ではフィギュアがついてきましたっけ。

表紙カバーをはずすと新聞があったりと、子どもを飽きさせません。

小学低学年ならハマること請け合いgood

 

 

 

お子さんの本選びのご参考になれば幸いですsmile




あわせてお読みください



スポンサードリンク

リンク (管理人の別サイト)