本を読まない子どもを本好きにするには その4・どんな利点があるのか


本を読むとどんな利点があるの?

本を読むといいとはよく言われますが、何が“いい”のでしょうか。

専門家ではない私一個人が思ったりちょっと調べたことですがsweat01どんな利点があるのかご参考までに。

 

大きく言えば、三つの利点があります。

ひとつは、心を育てることができること。

ふたつめは、知識が増えること。漢字が読めるようになったり、語彙が増えることも含まれます。

そしてみっつめに、文章を映像化することに慣れること。
映像化は無意識にやっていることなのかもしれませんが。これを意識的にやることで、記憶力や想像力が上がるようになります。

以下にもう少し詳しく書きたいと思います。

心を育てることができる

えほんのせかい こどものせかい 』という本がとても勉強になりました。

この本は、幼いお子さんをおもちのお母さん方に向けて書かれたものです。
読み聞かせをすることによって、子どもの心が育つことが詳しく書かれています。

読む人も楽しみながら素直に心をこめて読むこと

質問や説明などは不要で、知識をふやすことより物語の世界に入りこむこと

考えるより先に感じることが大事だということ。

そういった大切なことが丁寧に書かれています。
34冊の絵本の紹介や絵本の選び方、何故絵本が大切なのかなどについても詳しく書かれています。
図書館にもよく置かれている本なので、興味のある部分だけでもお読みくださいwink

 

本を読んで、登場人物になりきって嬉しさや一緒に怒ったりすることで、様々な感情を知ることができます。
教訓的な意味も含まれている絵本も沢山ありますね。

でも、なによりお母さんの膝の間で本を読んでもらう時間は何物にも代えがたい宝ではないでしょうかconfident

 

知識が増えること

知らなかったことを知る、それも本を読む醍醐味のひとつですよねhappy02

積極的に知識を得ようと読む本もありますが(育児書やビジネス書など)、絵本や児童書からだって得るものはいっぱいあります。

 

まず大きいのが、語彙が増えること。

語彙は語学力、そして思考力に繋がります。
知っている言葉の数が少ないとその分単純な考え方しかできない…なんてことに。

日常生活からも自然と語彙は増えますが、本を読むことによってもっと積極的に得ることも必要なのではないでしょうか。

 

他にも幼児ならひらがなやカタカナが繰り返し絵本を見る(読んでもらう)ことによって読めるようになりますshine

漢字が自然と読めるようになったりもしますね。たとえ知らない漢字でも文脈から意味を読み取って。
ただこの場合は、適当に読んでいる場合もあるのでcoldsweats01辞書を引く習慣も身に着けられるといいですね 。

 

文章を映像化することに慣れる

頭の中で文章を自然と映像化できることも本を読む上で大切なことです。
映像化できること、絵を浮かべることができるとどんな利点があるのでしょうか。

・記憶力の向上

・算数の文章題で悩まずに済むようになる

こういったことが映像化に慣れることで得られるかと思います。


例えば以下の単語を30秒間で覚えなければいけないこととします。

【ウサギ カメ 赤 白 ハチマキ 昼寝 汗 山 旗 野原 シロツメクサ】

ただ単語を並べただけの場合は憶えにくくありませんか。

 

ところが、以下のように文章にしたらどうでしょう?

【ウサギとカメがいます。ウサギは赤いハチマキ、カメは白いハチマキをしています。
ウサギは昼寝をしていて、カメは汗を流しながら歩いています。
遠くの山には旗が刺さっていて近くの野原にはシロツメクサが咲いています。】

こうして文章にして頭の中で自然と映像化すれば、覚えるのが苦ではないはずです。

 

このような覚え方は記憶術のひとつで、イメージ化ですね。

普段から本を読み慣れていれば、その過程がよりスムーズに出来るワケですgood


算数の文章題も同様です。

文章から内容をイメージし、絵にすることで理解するんです。

どんぐり倶楽部さんがそこのところ詳しいですので、よかったら見てみて下さいwink

書籍でおススメはよむ、かく、わかる! さんすう教室紹介記事もあります)です。

 

 

最後に…

本が好きでも必ずしも頭が良くなるとは言えませんがcoldsweats01
読まない人よりはずっと楽しい人生を送れることは確かです。

そして、子どもが本好きになるかそうでないかは親の影響が大きいだろうと思います。
どうせなら本好きになれるよう、働きかけてみようではありませんかsmile




あわせてお読みください



スポンサードリンク

リンク (管理人の別サイト)