自分で考え行動する力を育てたい


お正月に帰省した時のこと、主人と父が何故か『今どきの若いものは~』談義をしていたので、その時に思ったことを書きます(ちなみに主人は40代)

 

議題は≪トラブルがあった時の対応について≫

トラブルがあった時、今どきの若いものは動けないそうです。

解決する能力はあるにも関わらず、動けない。

そして上司から指示されるのを待っているだけ。指示されたことはちゃんと出来る。

あるいは、逃げてしまうそう。

「今、コレコレの仕事をしていまして…」といった具合に。

 

 

何を一番にすべきか、事態を収拾するにはなにが必要か
などといったことを自分で考えることが出来ない

あるいは自分が考えて行動することに自信がなく責任が持てないのでしょう。

 

指示されたことだけやっていれば、間違いはなく、責任も負わずに済む
そういう考え方にどんどん染まって、指示待ち人間になっていく

 

…夢も希望もそこにはなさそうですweep

考えることは、大変。だけど、楽をしようと自ら考えることを放棄するのは、違う。

 

そこで、コーチングを使って考える力を育てたいな、と。

幼い時からオープンクエスチョンで問いかけられた子どもは

自分で考える力を少しずつ鍛えられ、考えることが自然となり、

自分で考え行動できる人になれるんじゃないか、そうなってほしい

という思いも込めて私は実行していますcatface




あわせてお読みください



スポンサードリンク

リンク (管理人の別サイト)