初めてのコーチングで何をする?1 ≪傾聴≫をしよう


コーチングというスキルを知ったところで、実行しなければ意味がない んで、とりあえず、すぐに誰にでもできるコーチングテクニックを教えちゃいます たったの2つだけです。是非、実行してみて下さい ただ、続けるのがコツで、すぐには効果はでてきませんが、 1か月ちゃんと続ければ子どもが変わってくるのが実感できますヨ! では、一つ目。

  子どもが話しかけてきたら手を止めて、目を見て話を聴くようにする。

5分や10分、夕食の支度が遅れるのは仕方ありません。そう、なぜか忙しい時に限って子どもは話しかけてきます(笑) そして脈絡のない話でも、相槌を打ちながら、目を見てしっかりと聴いてください。 そして、聴くことに徹して意見は言わないことがコツです。 ちょっと慣れるまで大変だけど簡単なことですよね   よく、「子どもが学校のことを話したがらないんです」ということを耳にします。 …子どもは話しているんです。ただ聴いてもらえなかったんです 聴いて欲しい時には「後でね」と言われ、その約束も守られない。 そんなことが続いていると『…話してもどうせ聴いてもらえないんでしょ』と話さなくなっちゃうことに。 そうなる前に、子どもの話を聴くことを是非、習慣にしちゃいましょう   これは、コーチングの傾聴というテクニックのひとつです。 人の話を聴く、当たり前のことなんですけどね 実際やってみると、出来ていないことに気が付かれると思います。 家事をやりながら聞いているから大丈夫!と思っている、そこのお母さん! 1ヶ月だけでいいです、手を止めて聴いてみて下さい。 子どもの嬉しそうな顔が格段に増えます    長男(小2)の場合、基本他愛もない話で、好きなこと(ゲームの話)ばかりです。 正直学校の話とかが聴きたいと思います。が、そこは我慢。 自然と待っていると、学校の話が混じることもあります。 ちょっとずつ、ちょっとずつ、何でも話せる親子関係をつくるのがまず第一。 この一か月で、聴くことで、関係が良くなっていくのが私にはとても感じられました。   二つ目は初めてのコーチングで何をする?2 ≪オープンクエスチョン≫を日常で使おう



あわせてお読みください



スポンサードリンク

リンク (管理人の別サイト)