コーチングとは? 概要・長所・短所


コーチングとは、コミュニケーションのスキルのことです コツをつかめば、誰にでもできるスキルで 子育て、そして人生でも役立つすごく有用なスキルではあるのですが… なかなか身につくまでは遠い道のりです… けれども すぐに始められることも多くあるので、興味を持たれたら是非一緒に頑張りましょう コーチングについて、概要・長所・短所をウィキペディアから以下に引用します ざっとですがどういったものかを知ることができると思います。  

概要

  コーチングを一言で言うと「人を育てるための一つの方法」である。 育てるということについてはさまざまな解釈が可能。 スポーツであれば技能が向上する、プログラミングであればそのスキルが向上する、ビジネスであれば営業や専門職などである。また、精神面での成長も「育つ」というように考えることができる。 学習により人間は成長し育つが、学習しても身につかないことは多くの人が体験していることだろう。 コーチングでは、モチベーションを重視し、人が自ら学習し育つような環境を作り出し、個人をのばし、自ら問題を解決していけるようになることを目的としている。    

コーチングの長所

  他の学習方法、練習方法と比べて、コーチングの手法を取り入れた場合には、個人の能力をより大きくのばせる。 コーチングされる側が成長したいというモチベーションを強く持つことにより、コーチングをする側の期待を上回る成長を見せることもまれではない。個人を大きく効率的にのばしたいときには、コーチングが最適である。 また、コーチングは「学ぶ」ということに対しての普遍的な原理に基づいているため、幼稚園の子供から学生、新入社員、管理職、役員まで幅広く適用ができ、内容も個人の行動、組織の管理から技術の習得まで対応が可能である。    

コーチングの短所

  コーチングを行う側にきちんとした「コーチングスキル」が要求される。コーチングスキルがないコーチに形だけのコーチングを受けても、役には立たないが、コーチングを受ける側がコーチの力量を判断することは、最初は難しい。コーチとの相性もあるため、役に立つコーチを見つけることがなかなか難しい。 また、画一的な集団を育てることにも不向きである。一人一人の考える力を育てることが最大の目的になるので、そもそも「画一化」とは相容れない。



あわせてお読みください



スポンサードリンク

リンク (管理人の別サイト)